潤滑ゼリーが性交痛緩和に最適な方法

性交痛には潤滑ゼリーがおすすめ!

性交渉によく伴うと言われる性交痛。まだ性交渉に慣れていない場合や、ホルモンバランスによって膣の分泌液の量が少ない場合、年齢を重ねることで膣の柔軟性が失われている場合に、よく生じると聞きます。となると、基本は何時でも潤滑ゼリーは備えておくべきですね。

ただ、潤滑ゼリーは使うのが面倒というイメージが強いと思います。私も、過去に何度か使用した経験があるのですが、結構指や手がベタベタして、塗るのが面倒でした。しかし、現在では、潤滑ゼリーにも便利なタイプがあるそうなんです。それは注射器タイプ。

注射器、と言われると、なんだか構えてしまいそうですが、ボールペンサイズのプラスチック製のもので、先端を膣内に入れてピストンを押すと、ゼリーが放出されるという仕組みになっているみたいです。となると、手が汚れずに、潤滑ゼリーを塗ることができるんですね。これなら、直接指で塗るタイプの潤滑ゼリーに比べて、断然便利だと思います。

難点を挙げるとすれば、1回1本と言う使い捨てなので、プラスチックゴミが少し多くなることくらいでしょうか。とりあえず、通販だと1本100円強くらいの値段で売られていたので、私も機会があれば買ってみようと思います。

コンテンツ一覧