潤滑ゼリーが性交痛緩和に最適な方法

潤滑ゼリーは妊活を阻害する!?

性交渉をスムーズに行うために、よく用いられる潤滑ゼリー。しかし、その人気の一方で、とある不穏な噂もあるそうです。その噂とは、潤滑ゼリーの使用によって妊活を阻害される、という内容のものです。しかも、アメリカでは既に、潤滑ゼリーの中では精子の動きが鈍くなると言う実験結果も出ているのだとか。

そうした実験結果も出ているのなら、なんだか本当のような気もしますね。となると、妊活中は、膣内の乾燥対策として潤滑ゼリーを使わずに、摩擦に耐えて性交渉をしなければいけないのでしょうか?個人的に、痛いのは嫌なのでもっと詳しく調べてみたところ…実際は、潤滑ゼリーで妊娠成功率が減ることはないと分かりました。

なんでも、上記のアメリカの実験結果は、あくまでも潤滑ゼリーを入れた容器の中での、精子の動きを見て導き出されたものであって、性交渉に際して使った場合、潤滑ゼリーは膣付近にとどまり子宮口まで達することが少ない関係上、最終的な妊娠成功率への影響は無いのだとか。

実際、300人近い女性で臨床実験も行ったそうですが、潤滑ゼリーを使った場合と使わなかった場合で、明確な差は出なかったとのことでした。とりあえず、妊活中も潤滑ゼリーが問題無く使えると分かり良かったです。

コンテンツ一覧