潤滑ゼリー

使うなら精子が活動できる潤滑ゼリー

妊活中に結構多い悩みの一つが濡れにくくなる事です。
本来は、性的興奮に合わせて膣内が濡れやすくなるそうですが、子作りという目的が絡んでくると、ただ楽しむという事が出来なくなってしまう事も関係しています。

これが結構悩みとして引きずる事もあるようですが、妊活というのは、どこか義務的な部分があったり、その為に色々と準備をして行うので、どうしても、楽しむ事が出来なくなってしまい結果的に興奮しなくなり、濡れないという悪循環。

できれば、そうなりたくないものですが、無意識のうちにそうなってしまう事もあるので、頑張って解決できるものでもありません。

そんな時にこそ活用できるのが潤滑ゼリーですが、これは、ただ滑りを良くするというものでも無い事をご存じですか?

潤滑ゼリーと言ってもれっきとした医療品として扱われているものがあり、それは、精子と同じ弱アルカリ性に保たれている事で精子を殺さないように作られているようです。

ちなみに、人の身体は基本的に弱酸性。

その理由は、体内で悪い細菌などが繁殖するのを防ぐ為です。
膣内も同じように弱酸性に保たれている事で細菌が繁殖しにくくなっているので、弱アルカリ性を好む精子にとっては辛い環境。

精子自体、自分を守る為の保護膜のようなものを分泌しながら動くそうですが、その上でも潤滑ゼリーの弱アルカリ性は、精子のとっての手助けにもなるという事ですね。

なので、医療品の潤滑ゼリーであると同時に、弱アルカリ性に保たれているものを選ぶと、この辺の基準を満たしているという事になります。もしもこれから活用したいと考えているなら、この事を忘れずに選ぶようにすると失敗しなくなります。

潤滑ゼリーの塗り方

性交痛を和らげるための手段としては、よく潤滑ゼリーが挙げられるそうですね。しかし、日本では未だ潤滑ゼリーに対し、使い方が不明瞭ということもあり、抵抗感を抱いている女性が多いと聞きます。では、潤滑ゼリーは実際のところ、どのような感じで塗るのでしょうか?

調べたところ、意外と簡単にできるということが分かりました。具体的には、手や指を清潔にして、ゼリーを膣内に塗っていくんですね。塗る量はそこまで多くなくて良いそうです。なぜなら、一回塗ればゼリーの成分によって、膣内が温かくなると共に愛液の分泌も活性化されるからです。

また、コンドームに塗るのも効果的とのことでした。確かに、陰部だけでなくコンドームにも塗れば、滑りが良くなって挿入に伴う違和感も軽減されそうですからね。潤滑ゼリーって、行為中に何度も塗り直さなければいけないイメージでしたが、コンドームにも塗れるなら、そっちの方が良いと思います。

ちなみに、潤滑ゼリーはそこまで気合いを入れて洗う必要も無いみたいです。なんでも、水で容易に洗い流せる成分であると共に、膣内に残っても自浄作用で処理されるとかで。これなら、使用に伴う手間よりも、性交痛を防げるというメリットの方が断然大きいので、私もいざという時はお世話になろうと思います。

タイミングを合わせるには排卵検査薬も必要

妊活中に潤滑ゼリーを活用するのもそうですが、本当に排卵のタイミングと合っているのかを見直す事も重要です。むしろ、ここがずれていては、いくら頑張っても子宝を授かる事が難しいものです。

その見直すべきものの一つが排卵検査薬です。
タイミング法では欠かせないLHサージをチェックできるアイテムが排卵検査薬ですが、種類も色々あるだけでなく、予定日の間近にならないとはっきりしないものも中にはある為です。

また、排卵が過ぎた後にも陽性反応が出るものなどあるので、この辺りの性能を確認しながら選ぶ必要があります。中でも、オススメできる排卵検査薬の一つがワンステップ排卵検査薬クリアです。

潤滑ゼリーと同じ輸入代行サイトから購入できるので、ついでに買ってみるのも良いかもしれません。また、初めての場合に限り、実際に使用して妊娠できなければ、全額返金の保証も付けているという部分も含めて、かなり製品には自信があるようです。

潤滑ゼリーはカンジダ予防にも必要なこと

女性に多い陰部の感染症と言えば膀胱炎やカンジダなどがありますが、潤滑ゼリーを使う事は、これらの感染症を未然に防ぐ事に繋がります。潤い不足のまま性行為をしてしまうと皮膚が炎症を起こしたり、傷ついてしまう事で悪い菌が増えてしまう事があります。

でも、皮膚の滑りをよくして摩擦を減らしてくれる潤滑ゼリーを用いれば、皮膚の炎症を未然に防ぐ事ができるので使って損は有りません。

特にカンジダ膣炎などの予防に繋がる意味合いが大きい気がしますが、一方の膀胱炎の場合は、そもそもがパートナーがオーラルで行う事で感染する場合も多いそうなので、行為後は、尿意が無くてもトイレに行って少しでもおしっこを出すと良いそうです。

もしもこれらに悩まされるようになったら妊娠どころの話ではありませんから。
そんな状態でもしも妊娠しても大変です。

実際、妊娠中に抵抗力が落ちる事でこれらの感染症を発症しやすいと言われているので、今現在、まだ、これらに感染した事が無い人で潤い不足というなら、万が一を避けるためにも潤滑ゼリーを使用した方が良いと思います。

ただし、こういう事って何かしら気になる症状が出てからじゃないと検索する事も少ないと思うので予防として用いるのも難しいのかなと感じてしまう点もあります。

コンテンツ一覧